読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少欲知足~うさぎのミニマムライフ

シンプルに軽やかに。欲望にまどわされない暮らしをめざしています☆

グサリときたけど

最近幼稚園の行事リーダーで結構な多忙ぶりです。おまけに長男がここ最近ずっと体調がすっきりしません。

そうでなくても普段からやることが多いので軽く打撃を受けている状態です。

 

そんな状態ですので、ストレスも結構溜まりますし、部屋も散らかり放題になっています。どうしようもない状態にもやもやしつつ、こうやってブログを書いて息抜きをしていることが私にとって安息の時間なのです。

 

本題に入りますが、我が家の主人はきれい好きです。

と言ってもいつでもどこでも必ず…ではありません。脱ぎっぱなしもよくありますし、放置されていても気にならない時は全く気にならないタイプです。常にというわけでなく気になりだしたら止まらなくなるタイプのようです。

 

そんな主人、土日はたいていスイッチが入るみたいで、部屋がごちゃごちゃしているとホウキ片手に掃除を始めます。主婦としてはありがたい反面、ミニマリストを目指している立場としてはとても恥ずかしい気持ちになります。

 

先週とその前の週、二週続けて言われたことば。

大変なのはわかるんだけどね、やっぱり母親がきちんと片付けないとダメだと思うんだよ。ごちゃごちゃ出っ放しになった部屋で毎日過ごしていたら、子どもたちも”じゃぁボクたちも出しておいてもいいんだ”って無意識に思うんじゃないのかな。いくら片付けろ片付けろって言っても全然説得力がないと思う。やっぱり片付けは母親がきちんんとやって見本見せないとできないんじゃないの?ほんとこんな言い方したらあれだけど。

 

というような内容でした(あんまりはっきり思い出せないのでこんな感じの内容)。

 

2週間にわたって言われたのでさすがにダメだなと思いました。普通だったらこんな言い方されたら腹も立つかもしれません。しかしごもっともだから何も言えません。その通りだと素直に反省します。

主人の言葉にグサリとはきますけど腹は立ちません。なぜなら主人は口だけ男ではなく実際にピカピカにするのです。子どもがいようが関係なく黙々と掃除をしてくれるからか、スーーーーっとした空気が流れます(わずか30分程度で子どもたちにぐちゃぐちゃにされていますが汗)。だから厳しい言い方をされても説得力があるのです。ミニマリストを目指していない主人の方が片付け上手だなんて、洒落にもならないですけど、、、実力の差がはっきりわかります。

 

結婚・子育て・育児…が中心だった私の30代。

なんだかぼやっとしていた時間が多かったなぁと思います。部屋の片づけひとつにも主人と私の意識の差というのか、なんか大きな隔たりがあるなぁと感じました。

なんだかなぁと思いつつ、人生と重ねてしまいました。

部屋の雰囲気と私の雰囲気、同じだな…と。今一つなのも私のあり方が今一つなんでしょう。ぼやっとしている人間にはぼやっとした部屋しか作れない・・・・

 

…と、、、くよくよ悩む前に、片付けを今から始めようと思います。

そうです、私はてきとうでずぼらなのです。くよくよは一瞬です(笑)。

あるがままで今をがんばればいいじゃないか!

現実は今一つですけど、コツコツ頑張っていこうと、また決意を新たにしました。

 

動けば変わる!

 

ごきげんよう。

ミニマリスト(持たない暮らし) - ライフスタイルブログ村